家紋について

武士は意外とおしゃれで、自分の家の家紋を武具や着物につけていた。時にはデフォルメして戦場などで際立たせることによって、その存在感をアピールした。

斎藤山城守
斎藤山城守

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です