武家同士の婚姻について

武家同志の婚姻は、家柄や格式、領地の規模によって家格が決まっており、同程度の家同士が婚姻関係、同盟関係を結んだ。江戸期になると、武家の婚姻は家名の存続を優先させるという目的で、個人の婚姻に関する意思はあまり尊重されなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です