家を相続すること

武家の当主は、家名として一族一門を束ね、家人を統制することが求められた。しかしそれは、必ずしも血のつながった男子が継ぐとは限らない。

歌舞伎のように血のつながらない世襲名でアカの他人が相続することも有りうるのだ。ただしその多くは、実の娘の養子として他家から男子を迎え入ることによって、家名を相続していった。その家の当主には、家来・領地・役職・領民などが、国主から委任された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です